カテゴリ:陶ISM本展( 6 )

次への陶ISM

陶ISMの開催地である益子町では、秋の陶器市を開催中。
様々な地域から多数の作家がやって来ることが、益子の陶器市の特徴です。陶ISMへの出展がきっかけで、陶器市にも参加する若手作家もいます。

陶ISMでつながった作家たちが集る貴重な機会。
昨日は交流会と同じように、食事とお酒を楽しみつつ、それぞれの情報を交換。
a0317164_21353072.jpg


そして、来年の陶ISM本展についても事前に会議。
a0317164_21391315.jpg

今度の陶ISMは今までのものとは少し目線を変えて、より広がりのある場になりそうです!

間もなく詳細の発表の予定です。乞うご期待!


陶ISM実行委員 今井梨絵
[PR]
by touismblog | 2014-11-03 21:39 | 陶ISM本展

前回の様子その4ー陶ISM2013

陶ISMの大きな要素である作家間の交流。

毎回1日目の夜に会場である古民家古木で、関係者による交流会を開きます。
a0317164_2137073.jpg

a0317164_2140898.jpg

まずはみんなで乾杯!
お料理は鹿沼市のAN_RIZ_L`EAU(アンリロ)さん
初回の陶ISM本展からご協力頂いているアンリロさん。毎回好評です。
陶ISM2014でもお料理を提供していただきます!

そしてその後は15名程のグループに分かれてディスカッション。
グループ分けの方法はプレゼント交換を使った抽選です。
a0317164_2131520.jpg

陶ISM2013でのテーマは「理想の企画展を創ろう」
各々の現在の活動状況から、これからの目標、今感じている問題点などを踏まえて、ひとりひとり発言し、最後はグループごとに「理想の企画展」を発表します。
a0317164_2132720.jpg

a0317164_21331197.jpg

自分の「今」と「これから」を言葉で発することで、また他の作家さんの意見を聞くことで自分自身の考え方や作家としてのスタンスを見直すきっかけになります。
同じグループになった作家さんとはディスカッション後もお話ししたり、2日目に作品をじっくり見せて頂いたりと、新たなつながりも生まれます。
グループの中には、協賛企業の方もおり、販売の側面からのご意見を頂くことも出来ます。

ひとりで活動することが多い独立した陶芸家にとって、貴重な機会。
これから独立を目指している若手作家にとっても勉強になる機会です。

陶ISM2014作家募集期間終了まであと一週間です!
ぜひぜひ、ご参加を。

今井梨絵
[PR]
by touismblog | 2013-12-24 20:44 | 陶ISM本展

陶ISM 参加者コメント

陶ISMとは、参加する作家にとってどんなものなのか。

今回は、2010年の陶ISM本展を始め、陶ISM関連の企画に多数参加して下さった
田中雅文さんからのコメントをご紹介します。

田中さんは大阪で活動されている作家さんです。技術的にも緻密で、コンセプトがしっかりとした制作が特長です。

National flag series JAPAN
a0317164_23393215.jpg

Layer.series Sake bottle&cup Saku (削) GOLD
a0317164_23414379.jpg


『僕が初めて陶ISMに参加させていただいたのは2010年の第1回目の本展のときでした。大学を卒業後、大阪で作家活動をしていく中で、強く感じていたことは、人と人が繋がることの大切さでした。

そんなとき、陶ISMというイベントに参加させていただいたことで、作り手と企業やギャラリーがタッグを組んで、本物の価値を使い手へと伝えていくこと、また使い手から次の作品を作り出すための生の声をいただくこと、それぞれがしっかりと輪になっていくことで、そこに大きな力と波が生み出されていくということを、ダイレクトに感じることができました。

またこの参加をきっかけに、スピンオフ企画など多くの展示の機会をいただき、とても充実した経験をさせていただくことができました。毎回多くのスタッフお世話になり、本当に感謝しております。

さまざまな環境や立場、価値観の中で、どのようにして作品が生まれ、またどのようにして発信されていくのか…

そんな全ての人が集まる陶ISMという波に刺激され、またそこからいい作品をお届けすることができるよう今年も精一杯参加させていただこうと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします!!』

陶ISM2014にも参加して頂きます。
田中さんだけではなく、こうして陶ISMのねらいに賛同し、協力してくださる多くの作家のみなさんに支えられて、2014も開催できることとなりました。
本当に感謝です。

作家申し込み締め切りまであともう少し!
ぜひ、ご参加を!!


今井梨絵
[PR]
by touismblog | 2013-12-17 23:57 | 陶ISM本展

前回の様子その3ー陶ISM2013

実際に陶器を使うミニイベントも見所です。

こちらはお茶イベントの様子。
茶人の松村宗亮さんに参加作家の器でお茶を立てて頂きました。
a0317164_23452882.jpg

一日目は出展作品を見立てて会場の一画をお茶席に。
a0317164_23483054.jpg

二日目は松村さん自ら展示会場を回って頂きました。
茶碗に限らず「碗型」のものであればなんでもOK。
器に対するご意見や茶席の作法、茶道具についてなどお話を伺いながらお茶を戴きます。もちろん一般来場者の方も参加できますよ。


こちらは日本酒のブース。
宇都宮のかしわじ酒店さんと酒器道楽の佐々木達郎さんにご協力頂きました。
a0317164_2359963.jpg

a0317164_082446.jpg

ずらりと並んだぐいのみから気に入った物を選び、栃木の地酒を飲むことができます。同じお酒でも器によって味の感じ方が違います。肌で触れる器だからこその楽しみ方です。


そしてお食事を提供する「陶ISMカフェテリア」益子ゆかりのカフェやパン屋さんが出張出店します。こちらで使う器も参加作家のものです。
a0317164_072146.jpg
a0317164_065926.jpg

作家にとってはプロの料理を自分の器に盛り付けてもらい、来場者の方々に触れてもらう機会。来場者の方にはおいしい食事と一緒に作家の器の魅力や楽しみ方を知って頂ける機会です。

お茶、お酒、ご飯。どれも「陶」と関わりの深いものです。
実際に使うシチュエーションの中で、発見することも多々あります。
作り手として、使い手の為に大切にするべきこと、新たに提案できる事…

様々な立場をつなぐ「場」陶ISMならではの試みです。

今井梨絵
[PR]
by touismblog | 2013-12-06 00:31 | 陶ISM本展

前回の様子その2ー陶ISM2013

出展される作品のバラエティの豊富さも「陶ISM本展」の特徴です。


        民芸的な技法の作品
a0317164_195979.jpg

a0317164_1916387.jpg


        造形的なオブジェ
a0317164_19263032.jpg

a0317164_19265682.jpg


        個性的なクラフト作品
a0317164_19105286.jpg
a0317164_19101132.jpg

a0317164_1922594.jpg


        生活に馴染むやきもの
a0317164_1952670.jpg

a0317164_19164681.jpg


        型で成形するプロダクト的な作品
a0317164_19192224.jpg

a0317164_1927431.jpg


この他にも色とりどり、技法さまざまな作品が集まります。
道具であり、アートであり、工芸であり……そんな「陶」の懐の深さを、ほんの少しですが感じられる機会です。

そして作品同様、作家さんひとりひとりの経歴も本当に多様です。
陶芸家を志したきっかけ然り、勉強した環境然り。

来場者の方には新しい発見、
そして「制作をどうやって仕事にしたらいいんだろう?」と感じている若手作家にとっては、参考になる情報の宝庫です。

ぜひ会場にお越しになって、肌で感じてみてください!


今井梨絵
[PR]
by touismblog | 2013-12-04 19:45 | 陶ISM本展

前回の様子その1ー陶ISM2013

陶ISMの活動の核となる益子町での本展。
前回の様子をちょっとだけご紹介します。

作家ひとりあたりの展示スペースは90cm×90cm
a0317164_12253778.jpg

a0317164_124484.jpg

a0317164_12262743.jpg

什器も作家自ら用意し、ディスプレイも含めて作品をアピールします。
作品をどう見せるか、何を伝えるのか…
それぞれの想いが反映されることもあり、見所の一つです。

a0317164_1214351.jpg

作品を目の前にして、一般来場者、企業、参加作家と話ができるのも魅力のひとつ。
作品の背景を知るなど情報交換の場となります。

陶ISM2014ではどんな作品が見られるのか、今からワクワクします!
皆様のご参加、ご来場をお待ちしています。

今井梨絵
[PR]
by touismblog | 2013-12-03 12:30 | 陶ISM本展


 陶ISM実行委員会です  陶ISM本展やウツワノチカラ、 スピンアウト展にむけてなど、 日々の活動をお知らせしていきます


by 陶ISM blog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
陶ISM2015横浜
ウツワノチカラ
陶ISM2014
陶ISM本展
スピンアウト企画
未分類

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月

最新の記事

2015越喜来芸術祭+ウツワ..
at 2015-10-03 01:27
2015越喜来芸術祭+ウツワ..
at 2015-10-01 07:59
2015越喜来芸術祭+ウツワ..
at 2015-09-30 04:36
最後のウツワノチカラー気仙沼..
at 2015-09-28 19:03
うつわにまつわるワークショッ..
at 2015-06-22 22:06

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

ブログジャンル

陶芸
クリエイター

画像一覧

フォロー中のブログ

笠間焼ギャラリー    ...
Atelier Zum Tal
ユノネホウボウ2015
富田啓之の『ウツワ☆バナシ』
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項